はじめに

リファラル採用で、特にインセンティブ目的ではなく、純粋に仲間集めとして紹介を考えている社員の方が抱える不安として非常によくあるのは「友人の選考結果や馴染むかどうかの責任をとれない」というもの。

例えば、

  • 選考が通過しなかった時、友人に何と言ったらいいのか・・・
  • もし私の感覚と選考基準が合わなかったらどうしよう・・・
  • 入社後に友人が活躍できなかったら双方にとって申し訳ない・・・

などです。

こういった漠然とした不安を抱えているがゆえに、紹介するのをためらっている社員は必ずいるものです。

自分にとって大事な友人を紹介するのですから、社員が責任を感じてしまうのは当たり前と言えます。

一方で、積極的にリファラルに取り組んでいる社員の方に話を聞いてみると、必ずといっていいほど話してくださることがあります。

それは「友人のためになると思うから」ということ。

そこで今回は、リファラル採用がもたらず「友人にとってのメリット」についてご紹介します。

紹介してもらうことによる友人にとっての良いこと、とはいったい何でしょうか。

選考前

友人の選択肢が広がる

自分にとっての転機は、自分だけで考えていてもなかなか見えてこないものだと思います。

リファラル採用が自然発生する場合に必ず起こっていることは、紹介元の方が、友人の転機となるきっかけを作っているということです。

自分だけでは気づけない、そして媒体サイトや自社ウェブサイトには載っていない、感覚的な「親和性」や「相性」を伝えてもらえる機会は友人にとって非常に貴重なチャンスになるものです。

実際にリファラルをされた人の体験談として「リファラルならではの良さ」を、このように語っていただきました。

  • 採用サイトや会社のウェブサイトは誇張されている印象があるが、「こういったところは本当だと思うよ」と友人が自分の口で話していた
  • 学生時代、〇〇業界には興味があったから、きっとうちの会社に合うと思うよ!と言ってもらえた
  • 転職するつもりはなかったが、友達が仕事のことをすごく楽しそうに話すのを聞いて興味を持った
  • 仕事での苦労や悩みもたくさん聞いたけど、それでもイキイキとしている友人を見ていて、やりがいがありそうな職場であることはわかった
  • 「とっても人がいいんだよ!」と友人が言うなら間違いないと思った
  • 転職前は今の環境で満足していたが、友人に誘われて、環境を変えてみようと決意できた

選考過程

会社と候補者とで、よりWin-Winな関係になれる

今転職は売り手市場であると言われますが、採用市場においては依然、候補者側が不利な立場であると思います。

採用サイトの情報、面談や選考で数回接点を持った中での情報だけで、候補者が欲しい情報を手に入れることは難しいのが実情だからです。

リファラルならば、良くも悪くも正確な情報が得られるため、候補者が「選ぶ立場」に立ちやすくなります。

たとえ不採用だったとしても次の糧にできる

リファラルであっても、選考で不採用になることはもちろんあります。

リファラルではない場合の不採用通知は「選考結果のご連絡(いわゆる”お祈りメール”)」で無機質なもの、本当の不採用理由がわからないままであることが、まだまだ多いのではないでしょうか。

リファラルの場合、例え不採用だったとしても、会社側も無下にすることはなく、きちんと理由を説明してもらえたり、友人経由で共有してもらえたりでき、より納得感を持って受け入れ、次に進むことができます。

(そのためにはもちろん、会社側が候補者の方に真摯に向き合うことが重要になります。)

内定~入社

入社前でも会社と接点を持ちやすい

内定が出れば、紹介元の友人に事前情報は何でも聞くことができます。

ある方は、入社前でも懇親会などがあり比較的気軽に参加させてもらえたことで、入社前から関係性構築ができて、入社してからのコミュニケーションがスムーズだったそうです。

職場に馴染みやすい

入社したての不安な時期に、知り合いがいるというのは本当に心強い、という話は100%と言っていいほど聞きます。

社内でのコミュニケーションにおいては、他社員からも「●●さんの友達ね!」と声をかけてもらいやすかったり、共通の話題があったりして、全くゼロから入るよりもストレスなくなじむことができます。

入社したてのころは、何かと困る事も多く、質問したいことを誰に聞いたらいいのかわからないこともあります。

そういった時に、迷わず聞ける相手が職場にいるというだけでとても心強いものだと思います。

最後に

今回、紹介される友人にとってのメリットについて触れさせていただきました。

どんな会社でも、インセンティブの有無は重要ではなく、友人や会社に迷惑になるかもしれないから紹介しづらい、申し訳なさが先行してしまう、という社員の方は意外と多いと感じています。

そういう方には、是非とも「何よりもあなたのご友人にとって、とてもいいことだから、是非紹介してみてくださいね」と推進される方が自信を持って伝えることをお勧めします。

村上 瞳
株式会社リフカム カスタマーサクセス部 コンサルタント
人材紹介会社で営業・カスタマーサクセス・人事を経て、株式会社リフカムに入社。前職では、経営に近い立場で人事戦略立案・実行、採用面では「採用チーム組成」や「リファラル採用」を推進するなど、現場を巻き込んだ成果創出に貢献。
リフカム入社後は、人事・採用経験を活かしクライアントに寄り添いながらリファラル採用を切り口に「社員が紹介したい会社づくり」を目指して邁進している。

記事についてもっと詳しく知りたい、自社の課題にあった事例を知りたい、コンサルタントに具体的な採用のお悩み相談をしたい方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

記事一覧へ