Refcome(リフカム)- リファラル採用を活性化するクラウドサービス

紹介したい会社作りを加速させるメディアReferral Insight

リファラル採用

リファラル採用の課題が明らかになるアンケートを実施してみませんか?

2018.12.11#上野 賢司#中級者向け#周知・紹介の最大化

リファラル採用がうまくいかない理由は多岐にわたるもの。その課題を推測して対策していくだけでは、実際に現場で必要な対応策かどうかがわからず、効果の薄い施策ばかりになってしまうことも少なくありません。当社では、ネックになっていることが何なのか、社員が自社をどう思っているかを把握するためのアンケートをおすすめしています。

はじめに

「制度を作ったのにリファラルが発生しない…」
「どうしたらみんながもっと紹介してくれるようになるんだろう…」

という悩みを抱えている方は少なくないと思います。
むしろ、悩んでいない方はいないかもしれませんね。

リファラル採用を推進するために、皆さんいろいろと考えられていることでしょう。

「インセンティブが少なすぎるんじゃないか」
「面談だと人を呼びづらいんじゃないか」
「会社にマッチする人が周りにいないんじゃないか」

などなど。

でも、こうやって考え得る問題点や懸念点を全て潰すのは大変ですよね。

すごく大切なことですし一つずつでも良いので改善・対策できるのであれば必ず取り組むべきです。

何から手をつけたら良いのか?

では、まずは何から手を付けるべきでしょうか?

「インセンティブを設定してみた/高くしてみたのに紹介数が増えなかった」
「ポスターを張り出してみたけどなんの反応もない」
「全社会議で周知したけど紹介が上がってこない」

のようなケースはよくあります。

それぞれの取り組みはそれ自体間違ったものではないですし、実際に上記の取り組みで効果を発揮する企業様もあります。

では、どうして施策が空回りしてしまう場合があるのでしょうか。

それは、きちんと課題に対しての解決策となっていないからです。

「リファラルについてはもう知ってるけど、紹介できるような人がいないんだよね」

と思っている人に対して、いくらしつこく呼びかけたりリマインドしてあげても、なかなか紹介にはつながらないでしょう。

「インセンティブ目当てとか思われたくないから、紹介するのは気を使うな」

と思っている人に対してインセンティブを増額したら、ますます紹介してくれなくなるかもしれません。

つまり、当たり前の話ですが、課題を解決するためには、問題を引き起こしている課題を特定しなければなりません。

(もっと言えば、そもそも自社の抱えている問題・課題についても整理する必要があります)

課題の根本にある事実を把握する重要性

では、どうしたら自社の課題を見つけることができるでしょうか?

一番簡単なのは、社員の皆様に聞いてみることです。

知人を紹介する制度の主役は社員の方々ですから、最も重要な情報源と言えるでしょう。

直接話しかけて意見を聞くのも一つですが、基本的にはアンケートを取ることをおすすめしています。

仮に社員が100人いる会社で20人の方にヒアリングをしたとして、統計的には信頼に足るデータとは言えません。

個々の意見は全体的な数値とは別の意味で価値があるものですが、施策の方向性を決めるためにはより多くの意見を広く集める必要があるでしょう。

当社では、下記のようにアンケート結果の集計を行い、事実データを元にしたネクストアクションを考えるということをよくしています。

もしも紹介が増えない原因に心当たりがあれば、その仮説から具体的な質問項目を作るのは難しくないでしょうから、ぜひ実施されることをおすすめします。

終わりに

一方で「何が原因かいまいち見えない」「そもそも全体的に問題がないか確認したい」ということであれば、リファラル採用に関して網羅した項目を用意する必要があるでしょう。

いずれの場合でも、アンケートの実施にご興味があればお気軽にリフカムの担当者までご相談くださいませ。

たとえ今は苦労されているとしても、改善を重ねることで強い採用力を持った企業になられることを祈っておりますし、それをご支援できるのであればとても嬉しいです。

採用も、定着も。
社員と会社が一体になって取り組む
働き甲斐のある会社づくり』を
支援します。

成長する会社の社員は、
全員が主体性に溢れ、自己実現と事業成長に
本気で
コミットする頼もしい人材。彼らに活躍して
もらうための土壌づくりには時間がかかります。
5年後、10年後のために、
働き甲斐のある会社づくり」、
今から始めませんか。