株式会社ミライフ 代表取締役 佐藤 雄佑様

いい人材が集まる、性格のいい会社』の著者であり、リクルートグループにて営業、支社長、人事マネージャー、エグゼクティブコンサルタントなどを歴任してきた、まさに人事・採用のプロフェッショナルである佐藤雄佑氏。男性育休の取得や、MBA取得、NPO活動、本の出版、そして起業と活動範囲は多岐に渡ります。

2016年に設立した株式会社ミライフでは、次世代リーダー・事業責任者を目指す方向けの未来志向型キャリアデザインエージェントとして、著書通り、厳選した『性格のいい会社』のみ紹介する人材エージェント事業や戦略⼈事コンサルティング事業、働き⽅変⾰事業を展開。
今回は、「性格のいい会社」というキーワードを軸に、採用難のこの時代に優秀な人材を採用するためのヒント、そして人事に求められている視点やスタンスを教えていただきました。

優秀な社員が「会社を辞める理由」

「性格のいい会社」という言葉は最初からあったわけではないんです。本を執筆した際に本のタイトルにしたことで言いはじめました。元々の思いとしては、新卒採用に対してすごい憤りを感じていたんですよね。

日本の新卒採用って、一括採用で優秀な学生が大手企業や有名企業に吸い込まれていくじゃないですか。本来であれば、優秀な人って若い時から仕事を任されて成長できる環境に行ったほうが人生の選択肢が増えるはずだし、就職活動でも「新しいことにチャレンジしたい」とか言って面接受けるにも関わらず、選んでいる就職先が結局そこかい!って…(笑)もちろんそうじゃない学生もいると思うんですけど、多くの学生が大手や有名企業に吸い込まれていくんですよね。

親が知っている会社や上場企業、売上規模の大きな会社といった、いわゆる「見た目」の良い会社に入社するものの、実際に入社してみると縦社会で新人は球拾いばかり…のような世界が待っているわけじゃないですか。試合に出て活躍するために大手のクラブチームに入ったのに、日々やることは球拾いという(笑)。

任される経験が出来ずにずっと下積みのような仕事をして、いつまで経ってもマネジメントを経験できない。それよりは、もっと若くから任される経験をする方が良いのではないか、と考えていました。大手企業に吸い込まれていくのではなくて、中小企業やベンチャー企業にも優秀な人が入社するに値する魅力的な会社はありますし、そういう会社をもっと紹介していきたいと思いました。

会社は、社員に対して「働きがい」や「多様な働きかた」を提供するべき

私の定義では「人に対する考え方がある会社」、つまり「人材ポリシー」のある会社になります。これは、社員に対して「働きがい」や「多様な働き方」を提供している会社のことなんですよね。働きがいとは、「ビジョン」「成長」「仲間」から構成されていて、多様な働き方とは、「マネジメント」「生産性」「柔軟性」「個別性」のことを指しています。私は、これらが揃っている会社のことを「性格のいい会社」と言っています。

これらの要素が「社員が会社を辞める理由」でもあるからなのです。これまで人材エージェント業をやってきた中で、「働きがいが無い」と言って会社を辞める方が本当に多かった。また、「自分の会社にはビジョンが無い」「言っていることとやっていることが違う」といった話もたくさん聞いてきました。せっかく『会社としては立派な大手企業』に入社したとしても、仕事を任されなかったり、裁量が小さい環境だと人は成長できないですよね。

「多様な働き方」に関しては、例えば、優秀なワーキングマザーであったり、独立志向の強い人が、正社員として働くことは難しいけれども、週1回の業務委託とかアドバイザーという形なら可能ですよ、といった話はよくあります。プロジェクトベースで、優秀なメンバーを集める。ベンチャー企業では、こういった方法で、優秀な人を確保しているケースをよく聞きます。

人事に求められている「マーケティング視点」

これからの人事が必要なのは、「マーケティング視点を持つこと」です。つまり、自分の会社はどんな会社なのかという問いを考えること。

意外と多いのが、自分の会社の特徴や魅力を話しているつもりでも、その内容は他社が打ち出していることと同じだったりする。つまり、マーケティングが足りていないと感じる企業が多いし、自分たちの強みや特徴として何を打ち出したらいいのかを知らない企業が多いですね。

どんな人を採用したいのかというターゲットがあって、その人はどういう基準を持って企業選びをするのかを考える。その上で、うちの会社はその部分に対してこういうストロングポイントや魅力を出していこう、という考え方が、採用広報の打ち出し方だと思います。

実態としては、客観的な視点を持たずに、「これが自社の強みです!」という会社があまりにも多いですね。はじめから自分たちというものが固まっていて、その前提で自社に合う人材を探してしまうんです。

本当に優秀な人が欲しければ、優秀な人が入社したくなる理由を作らないといけません。もしかしたら、ターゲットとなる人材が求める条件は報酬ではなくて自由だったりするかもしれないですよね。もしそうだったら、「自由を差しあげます」というキャッチコピーを打ち出したら興味を持ってくれるかもしれません。相手がどうしたら製品を買うのかということと、相手がどうしたら自分の会社に興味を持ってくれるのかは、考え方は一緒ですよね。

「性格のいい会社」を作るための一歩目としては、人事の立場であれば、社長と一枚岩になることだと思います。つまり、「良い人材が集まれば会社は強くなる」ということを人事だけでなく、経営者にも理解してもらうことです。経営者が採用に本気になって、採用にお金をかけたり、優秀な人を採用するために人事制度を変えるといったアクションを起こすことが非常に重要です。

最近注目されている「働き方改革」にしても、人事だけでは全然改革が進まずに、残業時間を減らすことくらいしかできていなかったりします。

採用力を高めるために戦略的に人事制度も変えていく

「性格のいい会社」を作ること自体が、経営戦略だと思っています。優秀な人材を採用し、定着してもらうために何ができるかを考える必要があります。皆さん、人事制度は一律のものと考えますが、そうではなくて、会社に残ってほしいと思う優秀な人材に刺さる人事制度じゃないと、残ってほしい人材から辞めていってしまいます。これは本当によくあるパターンなのです。

これまでは、人事は社員全員に対して同じものを提供することが正しい人事と言われてきましたが、今後は残って欲しい優秀な人材に個別対応していく時代になっていくかもしれません。

実はミライフにも知人の紹介で入社した社員がいるのですが、同じ人材エージェントの仕事をしているのに、大手とはこんなにも考え方や制度が違うんだと驚かれました。ミライフの人事制度が非常に柔軟で個別的だからこそ、優秀な社員が来てくれたのだと思います。

「性格のいい会社」の要素として、「個別化」「多様性」「柔軟性」は重要なポイントなのですが、今まではみんな一律で同じものを提供するというのが人事であるという考えでした。僕自身も人事をやるまでは人事制度は変わらないものと思っていました。しかし、ビジネスは5年10年ですごく進歩していますし、採用したい人材も変わっているのに、人事制度は5年前のままだったりする。そういう状態では、良い人材は集まってこないと思います。会社が5年成長しているなら、人事制度も5年成長させなきゃいけないですよね。

人事制度は変えれば変えるだけ武器になりますし、わかりやすく見せられる情報ですよね。うちには経験者は来てくれない、優秀な人は来てくれないではなく、どういった状態だったら「優秀な人が自社に来てくれるだろうか」と逆算して考えることが求められます。

もっと言えば、「性格のいい会社」を作ることが、リファラル採用を増やすベースになると思います。社員自身が辞めたいと思っているのに、友人を紹介するなんてことは絶対にありませんよね。社員にとって働きがいがあって、多様な働き方ができる会社であれば、ここで引き続き働きたいって思うし、だからこそ「うちの会社で一緒にやろうよ」って言えるのだと思います。

さらには、「性格のいい会社」は採用に効くだけでなく、入社後の従業員満足度も高く維持でき、イキイキ働いてくれるというメリットもあります。

私自身、人材エージェントとしてのビジネスも「性格のいい会社しか紹介しません」というスタンスでやっています。みんなに紹介したい会社でないと、求職者も入社したくないと思うんですよね。ですので、いわゆるスペックマッチングではなく、カルチャーフィットやビジョンへの共感を重視した紹介をモットーにしています。顧客にもこのような紹介スタイルに共感いただいていますので、私から紹介した候補者は9割以上お会いいただいています。

これからも、私自身が自信を持って「性格のいい会社」を求職者に紹介できるような「理想の人材エージェント」をつくっていきたいと思っています。

弊社も「性格のいい会社」として紹介されるよう頑張らねばと強く感じました。
本日は大変貴重なお話をありがとうございました。