Refcome(リフカム)- リファラル採用を活性化するクラウドサービス

紹介したい会社作りを加速させるメディア Referral Insight

リファラル採用

リファラル採用のアドバイザーが断言!リファラル採用のメリットとデメリットとは

2020.1.30#全社プロジェクト化#初心者向け#周知・紹介の最大化#採用の自分ごと化#採用広報

リファラル採用とは

リファラル採用とは、社員からの紹介による人材採用手法です。
会社のこと・候補者のことをよく知っている社員からの紹介のため、会社にマッチしナビサイトや転職エージェントなどでは出会えない転職潜在層である優秀な人材と出会えるのが特徴です。リファラル採用には、早期戦力化や定着率の高さ、採用コストの圧縮など多くのメリットがあります。中途採用のみならず、新卒採用、アルバイトやパート採用などあらゆる業種・業態で成果が出ています。

リファラル採用の概要や詳しい説明はこちらの記事に書かれています。

リファラル採用は、いわゆるコネと言われる「縁故採用」とは違います。
紹介だからといって採用基準が甘くなることはなく、通常の選考ステップを踏むため内定が約束されているわけではありません。
つまり、リファラル採用=コネ入社という認識は間違っています。

なぜリファラル採用が注目されているのか?

これまでは、求人サイトに掲載するなどコストをかければ応募が集まり、多くの応募の中から自社にあった人材を選りすぐって採用することができました。
しかし、そもそも多くの業種で人手不足が叫ばれ、求人応募が減ってきている現在では質の高い人材を確保するのが難しい状況になっています。

出典:厚生労働省 一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

コストをかければ採用できていた時代から、コストをかけても採用できない時代へ

2050年までに日本の人口は約1億人まで減少し、労働力人口は30%以上減少することが予想されています。

出典:総務省 平成30年版 情報通信白書のポイント

リファラル採用のメリットとは

企業・人事(紹介依頼者)のメリット

◆定着率が高く自社にマッチした人材が採用できる

会社が求職者を一方的に選ぶ一般的な選考と異なり、会社のことと候補者のことをよく知っている社員からの紹介のため、会社へのカルチャーマッチ度も高くなります。
また、実際に勤めている友人から事前に会社の人間関係や業務内容を聞いているため、入社後の違和感が少ないことに加えて、新しい環境でも友人がいれば社内に馴染むスピードも速くなります。そうなれば早期離職の可能性が低く、オンボーディングもスムーズに進み、すぐに活躍してくれる人材となるのは想像がつくと思います。

◆採用コストの削減につながる

一般的には、新卒採用・中途採用などでナビサイトを利用した場合、少なく見積もっても一人あたりの採用単価が50万円〜100万円かかります。今後この金額は更に上昇していくでしょう。また、人材紹介であれば候補者の年収の数十%が紹介料としてかかってくるため、年収の高い優秀な人材を採用するためには高額な紹介料がかかります。リファラル採用は社員からの紹介のため、0円での採用も不可能ではありません。紹介インセンティブを導入している企業は多いと思いますが、従来の採用チャネルと比較してもコストは大幅に削減でき、その分を社員に還元することができます。

また、定着率が高くすぐに辞めないということは、欠員補充の採用をする必要がありません。単純に採用単価を下げるだけでなく、人事の工数削減など表面には見えにくい部分でもコストの削減につながっています。

◆転職市場「外」の人材獲得ができる

リファラル採用は社員が自社の成長に貢献するために、一緒に働きたい優秀な友人知人を会社に紹介するため、転職意向がない人材も候補者として挙がってきます。
つまり転職サイトやエージェント経由では出会えない、優秀な転職潜在層にもアプローチすることができるのです。すぐには転職する意欲がない候補者でも定期的に接触するポイントを設けて自社の魅力を伝えておけば、将来的に候補者が転職を考えたタイミングで自社の選考を受けてもらえる可能性が高まります。

社員(紹介者)のメリット

◆自分が働く会社の組織拡大に貢献できる

自分の会社が成長するためには、優秀な友人に即戦力として入社してもらうことで、切磋琢磨しながら一緒に会社の成長に携われるのも大きな魅力です。
また困った時、悩んだ時に気兼ねなく相談できる友人が職場にいるのはとても心強いものです。

◆インセンティブがもらえる

紹介インセンティブを導入されている企業は多いと思いますので、ご自身の優秀な友人知人を紹介したことを会社からインセンティブという形で感謝されるため、モチベーションアップにも繋がります。

社員の友人知人(被紹介者)のメリット

◆友人・知人からの信頼できる情報をもとに転職を検討できる

会社を辞めるときの退職理由で最も多いのは人間関係と言われております。最近では転職口コミサイトなどで実際に働いている人の口コミから情報を収集をすることも可能ですが、その口コミの良し悪しが必ずしも自身の価値観に合致するとは限りません。リファラル採用では信頼できる友人知人から生の声を聞くことができるため、自分にとって信憑性が高い情報と言えるでしょう。職場のカルチャーや業務内容を聞いたうえで、納得して入社することができ、入社後も紹介である友人からのサポートが受けられるため、入社後に「やっぱりイメージと違った」というミスマッチが起きにくいのも特徴です。

◆インセンティブがもらえる可能性がある

紹介者だけでなく、紹介された側の社員もインセンティブがもらえることがあります。最近では現金ではなく休暇を与えたり、紹介者と被紹介者が一緒に行けるペア食事券など様々なケースが存在します。「入社半年後に付与する」など条件が決まっていることが多いものの、いずれも紹介者と被紹介者の双方にとって嬉しい制度となっています。

リファラル採用のデメリットとは

ここまでリファラル採用のメリットについて解説してきました。メリットが非常に多いリファラル採用ですが、きちんと設計して行わないと思わぬトラブルに繋がることも。ここからはリファラル採用のデメリットについて解説します。

企業・人事(紹介依頼者)のデメリット

リファラル採用はエージェントや求人サイトなどこ行っていた採用業務とは違い、社内のメンバーを巻き込んで行うことになりますので、これまでにやってこなかった業務を行う必要があります。人事部はもちろんですが、採用に携わっていない社員にも協力してもらわなければ成立しません。リファラル採用で失敗するケースでよくあるのは、「制度は作ってみたものの紹介が発生せずにそのまま風化してしまった」というものです。

軌道に乗せるためには、定期的に制度の告知を行い、社員の認識を高める必要があります。もちろん会社ごとに、「制度の認知が足りていない」、「認知はされているが紹介が発生しない」など課題は異なるでしょうが、総じて言えるのはすぐに成果が出る手法ではないため、課題を洗い出し根気強く取り組むことが必要です。

リファラル採用における課題を可視化できる「リファラルスコア」
https://get.refcome.com/refcome-score

◆採用するまでに時間がかかる

「今すぐ転職をしたい」と考えていない転職潜在層に対してアプローチできるのもリファラル採用のメリットですが、一方でそういった人材と接点を作り自社に入ってもらうために口説き落とすには時間がかかるケースがほとんどです。
すぐに転職を考えていない人にも継続的にフォローし続けられる仕組みを作りましょう。

◆紹介してくれた社員が退職してしまうと一緒に退職してしまうリスクがある

何かしらの理由で紹介者である社員が退職してしまった場合、被紹介者である社員のモチベーションが下がってしまい、最悪の場合、被紹介者も辞めてしまうこともあります。
また、退職してしまった社員が新たな職場に被紹介者をリファラルしてしまうなんてこともあり得ます。

◆インセンティブ欲しさに自社にマッチしない人材を紹介する社員が出てくる

紹介インセンティブを導入している企業の中には、1人の紹介につき数十万円と高いインセンティブを設定していることもあります。その場合は紹介インセンティブ欲しさに友人知人を紹介する社員がいないとは言いきれません。紹介だからと安心せずきちんと通常と同じ選考ステップを踏みきちんと見極めましょう。

◆人材の同質化がおきやすい

リファラル採用では基本的には仲の良い友人や価値観の合う人を呼ぶケースが多いため、似たような社員が集まる傾向があります。仮にリファラル採用だけで採用の全てをカバーしてしまうと、会社のカルチャーが凝り固まってしまう可能性もあります。
リファラル採用では似た人が集まりやすいという傾向を理解した上で、「他のツールではどういう人材を獲得するべきか」の全体像を設計して考えると良いでしょう。

社員(紹介者)のデメリット、社員の友人知人(被紹介者)のデメリット

◆社員の友人知人(被紹介者)が選考で落ちると人間関係に支障が出る可能性がある

特に多くの方が気にされるのが、この点ではないでしょうか。
リファラル採用は通常の選考ステップを踏んで進んでいくため、選考中に不採用になってしまうこともあります。人事から「紹介してください」とお願いをして紹介してもらった候補者を不採用にすることで、紹介者と候補者の人間関係に亀裂を入れてしまうのは、最悪のケースと言っても良いでしょう。

リファラル採用のメリットを最大化し、デメリットを最小化する方法

リファラル採用はデメリットもあるものの、魅力的なメリットが非常に大きい採用手法なので、デメリットをうまく取り除き自社に取り入れたいものです。こちらではデメリットを回避するため方法をご紹介します。

◆紹介者と被紹介者に、リファラル採用が「内定前提」でないことを伝えておく

友人からの紹介で選考に進むとなると、すでに「内定前提」と思っている候補者もいるため、万が一不採用になった場合に紹介者と候補者の間でトラブルが起きることもあります。
こうならないためにも、リファラル採用は通常と同じ選考が行われること、不採用になる可能性があることをきちんと説明しておきましょう。そのためにも人事部は、リファラル制度は通常の選考プロセスを踏んで判断するということを日頃から社員に伝えておくことが重要です。
また、社員の紹介から候補者が選考に進んでくれた場合には、紹介者である社員に選考の状況を逐一共有しておくことで、紹介者も安心して協力してくれるようになります。

◆リファラル採用だけで自社の採用をカバーしようとしない

リファラル採用では似た人が集まりやすいという傾向を理解した上で、「他の採用手法ではどんな人材を獲得するか」を考えると良いでしょう。
「会社にいないタイプの人材を採用したい」、「専門的な人材を採用したい」と考えた際にはエージェントに相談したり、ダイレクトリクルーティングを使って条件にあった人にピンポイントでアプローチするなど、様々なチャネルと組み合わせて採用を行うことでリファラルのデメリットはカバーできるでしょう。

リファラル採用は取り組み始めてすぐに結果が出る手法ではないため、根気強く取り組むことが必要です。また、社員の方が紹介したいと思える職場環境でなければそもそもリファラル採用はうまくいきません。リファラル採用を取り入れることで職場環境を見直す良いきっかけになるかもしれません。

まずはリファラル採用の専門家にご相談ください。

採用も、定着も。
社員と会社が一体になって取り組む
働き甲斐のある会社づくり』を
支援します。

成長する会社の社員は、
全員が主体性に溢れ、自己実現と事業成長に
本気で
コミットする頼もしい人材。彼らに活躍して
もらうための土壌づくりには時間がかかります。
5年後、10年後のために、
働き甲斐のある会社づくり」、
今から始めませんか。